【解説付き】3分でわかるドメイン講座とおすすめドメイン

ビギナー
ドメイン?何それ美味しいの?

そんなあなたにドメインの解説からドメイン取得まで説明します。

この記事を3行でまとめると・・・。
  • ドメインは「ブログの住所」であり、ドメイン取得は「ブログの住所を取得すること」
  • ドメイン名は好きな名前を付けることが出来る。
  • ドメイン名を取得できる会社があり、そこにドメイン取得の手続きをする。

こんにちは。 中年やまだ (@middleage_story) です。

これまでは分散収入を得るためにもっぱら「投資」を中心にコツコツやっていました。15年積立投資を行い、資産は1,000万円に達しました。

次はブログ収入を得るべく、ブログを作成しています。

前回、レンタルサーバーについてお話ししました。ブログはレンタルサーバーのみでは開設できません。ドメインが必要です。家に例えると

レンタルサーバは家

ドメインは住所

ですね。

では順を追って説明していきましょう。ドメイン解説は3分で終わります。ドメイン取得は10分もあれば終わります。

リラックスしながら読んでくださいませ。 ^^) _旦~~

3分でわかるドメインの役割

先ほど、ドメインは「住所」と説明しました。このドメインは人間が覚えやすいように考えられたものです。

インターネットの世界では「IPアドレス」という数字の羅列情報を使ってサーバーやパソコンなどに接続しています。

イメージ的にはこんな感じですね。

パソコンを使う人は、閲覧したいサイトごとに、この数字の羅列を覚える必要があります。

無理でしょ。┐(´д`)┌

で、考え出されたのがドメインです。ドメインは英数字で表現しますので、数字の羅列より覚えやすい特徴があります。例えばGoogleのドメインは

“google.com”

です。覚えやすいですね。

でも、IPアドレスとドメイン名がバラバラになってしまいました。つまり「このドメイン名のIPアドレスは何番ですか?」を管理しなくてはなりません。その役割がDNS(Domain Name System)と呼ばれるデータベースです。

ドメインを使って、web情報を閲覧するためは以下の仕組みになっています。

IPアドレスはDNSが教えてくれます。教えてくれたIPアドレスにweb情報をもらう訳です。

役割はこんな感じです。

これからレンタルサーバーでブログを作る場合、覚えやすいドメイン名を付けたいですね。

投資 beginner world. の例

家となるレンタルサーバーは MixHost を利用しています。

住所となるドメイン名は以下の通りになります。

このドメインはお名前.comから取得しています。

ドメインが取得できる会社

ドメインを取得できる会社は「お名前.com」の他に「FC2ドメイン」、「スタードメイン」などがあります。

会社シェア平均価格トップドメイン選択数
お名前.com圧倒的高ピンキリ
(.comは1円)
(.netは1円)
(.jpは40円)
(.xyzは30円)
多い
FC2ドメイン少々 ピンキリ
(.comは1,080円)
(.netは1,34円)
(.jpは2,780円)
(.xyzは販売対象外)
普通
スタードメイン少々 ピンキリ
(.comは968円)
(.netは1,298円)
(.jpは1,298円)
(.xyzは33円)
普通

ざっと調べた感じですと、違いは上記の表の通りです(価格は2021年8月24日現在)。価格差はトップドメイン次第です。

ドメインがらみで何か疑問点が生じた場合、すぐに調べられるのがシェアの視点で「お名前.com」ですね。

好きなトップドメインが選べ「困ったらすぐに調べることが出来る」点でお名前.comを選びました。今のところ、特に困った事は無いのでまずはお名前.comでドメイン取得で問題ありません。

では、実際にドメインを取得してみましょう。

トップドメインを選ぼう

まずはトップドメイン(本ブログで言うと”.net”)を選択します。トップドメインは選択式です。

先ほど紹介したリンク先を参照すると、トップドメインごとに料金が異なることが分かります。

この記事を書いている時に価格は以下の通りです(2021年8月24日現在)

トップドメイン(一例)価格名前の由来人気
.com1円commercial (商用)
.net1円network (通信)
.jp40円japan(日本)
.work1円仕事、制作
.xyz30円意味を持たない。汎用的。

価格が異なるのは、トップドメイン名により「人気/不人気」があるからです。人気が高いのは価格も高く、そうでないトップドメインはそれなりの価格です。

人気/不人気の理由ですが、以下が背景にあると思っています。

これが人気差の理由?
  • .comは有名企業が多数使っているので、好感が持てるから?
  • .netも同様に好感が持てるから?
  • .jpは日本を連想しやすいので日本人に人気?
  • .workは上記トップドメインと比較すると、まだ実績不足?
  • .xyzは意味が良く分からないから敬遠されがち?

それぞれのトップドメイン名に背景と由来と人気について書きましたが、ブログの内容問わず、好きなトップドメインを選択して構いません。

自分が .net を選んだのは、雰囲気です(^^ゞ

第2レベルドメインを決めよう

次はセカンドトップドメイン(本ブログで言うと”starboxbreaker”)を決めます。ここは好きな文字を決めることができます。

一度決めると変更はできませんので注意しましょう。また、重複も出来ません。先に同じ文字を決められていたらアウトです。ドメインは「早い者勝ち!」と言われる理由はこれです。

重複がなければOKです。

重複チェックをしよう

下記のように希望する第2レベルドメイン名を入力して、「検索」ボタンを押しましょう。

こんな感じに入力!!

しばらくすると以下のように、検索結果が表示されます。

この例ですが、.netは使用済みで選択できません。その他のトップドメインは選択可能です。このうち、.comを選択した画面になります。

トップドメインを選択したら「お申込みへ進む」をクリックしてください。購入手続きに移ります。

購入したら、晴れて「あなたのブログの住所」をゲットとなります!

まとめ

ドメインの仕組みとドメインを取得方法をお名前.comを例に紹介しました。

ドメインを取得できる会社は他にも「FC2ドメイン」、「スタードメイン」などがあります。

次回はドメイン取得の比較を行いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です